スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
ブログデビュー、だが…
ついに私も周囲に便乗してブログデビューですフゥ――!!
今日は3時間も寝てないのですごくしんどいです。
寝れてない理由はズバリ読書!ま、活字嫌いですけどね。
だんだん文章が記号化されてしまい読まず流してしまうという活字オンチ。
けれどもこれはなかなか面白かったです!寝るタイミング逃すほど。
友人オススメの江国香織。「スイートリトルライズ」…。

スイートリトルライズ
ネタバレですよ~。

文章が淡々として表現がとても綺麗。評判どおり。
静かな狂気を静的に修羅場もなく書ききった不倫ものでした。
底知れぬ「何か」を読後に感じさせるのが江国さんの才能なんでしょうね。
本読まないから比較できないけど。
主人公のルリコは落ち着いた一見素っ気無いけどロマンチストな女性。
けれども背中から底知れぬ粘着質のオーラが憑いてます。
別に作中で刃物持って暴れまわったわけでも、ヒステリックになる訳でもない。
なのに明らかにヤバイ狂気オーラがメラメラだぜ!
静かな物言いで空恐ろしさを醸し出す。こえ~。
妻は不倫相手と激しく恋に堕ちて、激しく愛を語り合います。
夫はかつてのサークルの可愛い自由な後輩と…。
ここまではただのありふれたW不倫ストーリーです。
しかし、妻の夫聡への愛が怖い。普通は不倫相手に焦点が当たるもんですが
不倫が最後の聡への「愛」を感じさせるためのスパイスにしか見えない。
最後、妻瑠璃子は不倫相手と別れて、聡ひとりを選びました。
けど夫はちゃっかり居心地のいい若い女とニャンニャン進行形…。
ある意味でこの物語の結末は結末ではない。
本当の結末が待っているような余韻を持たせるクライマックス。
女性は一人を選ぼうとするのに男の人は両方のいいトコ取りをしようとするってのがリアルかも(笑)
静的で、不倫という題材を扱いながらも展開が激しいようには思わない。
けれども文章の節々から感覚に訴えるものがありました。
これは瑠璃子と聡の物語ですね。
なかなかにいい本でした
けど若い女とニャンニャンしてるのがばれたら、妻は「あらそう、だから?」と言いつつ今夜の夕食に一服盛っちゃうんでしょうね

何でかブックレビューになってしまいました

スイートリトルライズ
スポンサーサイト
【 2005/07/13 21:28 】

本の感想 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。